がぶ飲み栽培は全力で青汁をオススメしています!!

1日1杯の青汁で野菜不足が解消できる!!

普段の食生活では「野菜が足りていない・・・」という悩みがある人は青汁で簡単に野菜不足を解消しましょう。「青汁はマズイ」として有名ですが、最近販売されている青汁を飲んでみたら「意外と飲めてしまう!」っていう人はたくさんいます。
日本人の平均野菜摂取量は277g(グラム)
(平成23年度の厚生労働省栄養調査の結果)

1日1杯飲むだけで厚生労働省が推奨している野菜の摂取量(成人で350g)を超えます。
食生活の栄養管理をメンドクサイで済ませいている人は青汁で野菜摂取量だけでも管理しましょう。


食生活に気を使っている年代でも足りていない・・・
yasaibusoku40代~70代以上の野菜摂取量を見ても厚生労働省が推奨している350gには達していません。健康の管理に気を使っている年代(40代~)でも平均して野菜の摂取量は不足しているんです。

10代、20代、30代の人で野菜の摂取に対して全く関心がない場合だと、明らかに350gは達していないでしょうね。しかも、1日だけ気を付けて野菜を摂っても意味がありません。生活習慣ですから、1ヶ月、1年で見るとさらに多くの人が推奨されている野菜摂取量には達していないことでしょう。


青汁を始める目的で選んでみよう!!

46876
青汁を飲むきっかけは大きく別けて3つあるみたいです。健康、美容、ダイエットが青汁を始めるきっかけになる人が多いんです。

ちなみに、管理人は健康管理(野菜不足の解消)を目的に青汁を始めました。ダイエットも大きく別けると美容と同じジャンルと言えますが、青汁の中には美容やダイエットに特化した商品も多く出ているので、目的が美容かダイエットでオススメできる青汁も変わってきます。

kennkou 青汁を始めるきっかけで一番多いのが健康管理。その中でも野菜不足を解消する目的で始めている人が多いんです。食生活の栄養に不安がある夫婦、一人暮らしの子供へ、偏食気味な自分のために始める人が増えてきています。
biyou 青汁は野菜に含まれているビタミン、ミネラルなど豊富に含まれているので美肌効果が高いと言われています。野菜不足がきっかけで青汁を始めた人の中で、青汁を飲み始めてお肌の調子が良くなったという声はかなり多いんですよ。
daietto 青汁ダイエットという言葉もあるように、ダイエットが目的で青汁を始める人も増えてきます。どちらかというと、若い年齢層に多くて、青汁ダイエットの流行もあってダイエットに特化した青汁商品も最近では多く販売されています。

商品の特徴で選んでみよう!!

nedann 青汁は継続して購入するものだから価格・値段は重要ですよ。送料やコスパ(1日分の単価)を確認して選ぶようにしましょう。また、通常購入と定期購入で商品の値段が変わってくるので、購入方法もしっかりチェックしておきましょうね。
gennryou 青汁は原料によって栄養価・味が大きく変わってきます。ケール、大麦若葉、桑葉、明日葉などが主流な青汁の原料ですが、他にも「ゴーヤ」「いぐさ」といった珍しい青汁も販売されています。「原料知らずして青汁を買うべからず」ですよ。
mikaku 青汁の一番のネックは「味」だと思います。青汁=マズイというイメージはどうしても拭えませんし、実際においしいモノではありません。でも、商品によって本当に味が全然違うので、好みの味(まだ飲めるレベル)は絶対にあると思います。
aojiruajitigai

サブコンテンツ

このページの先頭へ