ユーグレナ・ファームの緑汁 特徴調査!

特徴調査 トップ画

midorijiru
  1. 商品名 : 緑汁
  2. メーカー: ユーグレナ・ファーム
  3. 通常価格: 4,536円 (送料500円)
  4. 定期価格: 4,082円 (送料500円)
  5. 内容量 : 30袋(1ヶ月分)
  6. グラム数: 3g×60袋=180g
  7. コスパ : 133円(1杯あたり)
kutikomiwomiru
kousikipe-jihe

なんと言ってもこの緑汁の特徴と言えば、石垣産のユーグレナ(ミドリムシ)を使用しているところです。
ユーグレナと聞くとあまり聞き覚えが無いかもしれませんが、ミドリムシと聞くと何処か聞き覚えがあるのではないでしょうか!?

サプリメントや健康食品として注目を浴びるようになってきているミドリムシですが、青汁に使用されているケースは非常に珍しく、その代表商品がこの緑汁です!
ではこの緑汁の特徴をミドリムシも含めて詳しく調査していきましょう!!

調査ポイント

 

まずはミドリムシについて知ろう!

ユーグレナ(ミドリムシ)はワカメや昆布と同じ藻類に属している0.1mm以下の単細胞生物ですね。
植物と動物両方の性質を持ち合わせた非常に珍しい自然素材なのです。

緑汁
その為、野菜や魚・肉などから得る事が出来る栄養素全59種類を含んでおり、とても栄養価の高い素材と言えます!
栄養素59種類は以下の通り!

ビタミン類(14種)
…α-カロテン、β-カロテン、ビタミンB1、B2、B6、B12、C、D、E、K1、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸☆ミネラル類(9種)
…マンガン、銅、鉄、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、カリウム、リン、ナトリウム

アミノ酸類(18種)
…バリン、ロイシン、イソロイシン、アラニン、アルギニン、リジン、アスパラギン酸、グルタミン酸、プロリン、スレオニン、メチオニン、フェニルアラニン、ヒスチジン、チロシン、トリプトファン、グリシン、セリン、シスチン

不飽和脂肪酸(11種)
…DHA、EPA,パルミトレイン酸、オレイン酸、リノール酸、リノレン酸、エイコサジエン酸、アラキドン酸、ドコサテトラエン酸、ドコサペンタエン酸、ジホモγリノレン酸

その他(7種)
…パラミロン、クロロフィル、ルテイン、ゼアキサンチン、GABA、スペルミジン、プトレッシン

調査① 59種類の栄養素を得る事が出来る緑汁!!

緑汁3
たくさんの青汁が発売されていますが、基本的に青汁は野菜不足を補う為の健康食品です。
その為、野菜から摂取する事が出来る栄養素は、青汁である程度補う事が出来ます。

日本人のほとんどが、厚生労働省が推奨する野菜の摂取量350gをクリアできていない現状の中、それらを補う事の出来る青汁は人気があります!

しかし実際は不足しているのは野菜だけではありません
年々魚介類の摂取量も低下しています

魚介類の摂取量が不足すると言う事は、魚介類などから摂取する事が出来るDHA・EPAも足りていません
現代に生きる日本人は野菜だけでなく様々な栄養素が不足してしまっています。

野菜不足を懸念する人はたくさんいますが、魚類の不足を懸念する人は少ないように思えます。
「基本的に青汁は野菜不足を補う為の健康食品」と上記でも言ったように、青汁で補う事が出来るのは基本的に野菜不足だけです。

そんな中ユーグレナ(ミドリムシ)を使用した緑汁は「野菜・魚・肉」から得る事の出来る栄養素をバランス良く摂取する事ができます
植物と動物両方の性質を持ち合わせたユーグレナ(ミドリムシ)を使用しているからこそ実現できる青汁ですね♪
野菜・魚・肉の持つ栄養素をバランス良く補う事の出来る「唯一の青汁」と言っても過言ではないでしょう!

調査② ユーグレナ59種類の栄養素だけではなかった!

キャプチャ111                         (※公式ページより抜粋)

ユーグレナ(ミドリムシ)を全面に押し出した商品緑汁ですが、実は含まれている素材はそれだけではありませんでした!
ユーグレナだけでバランスの取れた栄養素全59種を得る事が出来るのですが、さらに有機栽培の大麦若葉と明日葉を使用していました!!

JAS認定の有機原料は非常に厳しい基準をクリアした物だけが与えられるものであり、有機JAS認証されている農産物は全体の0.2%しかないと言われています。

そんな優れた有機栽培の大麦若葉と明日葉はビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富で栄養バランスにも優れています

何より農薬や化学肥料を使用していないと言うところが安心できますよね!
「ユーグレナ59種+有機栽培の大麦若葉・明日葉」が含まれたものが緑汁!!

調査③ 消化率93.1%とは!?

緑汁2
ユーグレナの消化率は93.1%と公式サイトでも押されていますがどういう事なのでしょう?
基本的に野菜には消化を妨げてしまう細胞壁という壁を持っているようです!

この細胞壁とは、植物細胞などの外側にある丈夫な被膜の事で、細胞を保護し形状を保持する役割を担っています。
植物の性質上仕方の無い細胞壁ですが、この細胞壁が私たちの消化を妨害してしまうのです。

その為、野菜を食べても栄養素を効率よく摂取する事が出来なくなってしまっています

ですが緑汁の主成分であるユーグレナにはこの細胞壁がありません。
つまり細胞壁がない分、効率よく栄養素を摂取する事が出来ると言う訳ですね!

植物では中々達成する事が出来ない数字、これが消化率は93.1%です!

消化率は93.1%と言われてもいまいちピンとこないと思う人もたくさんいるでしょう。
野菜の消化率はいったい何%なのでしょうか。。。

野菜の消化率は40%です!
ユーグレナの消化率93.1%ですから、単純に倍以上です!

「野菜の消化率40% ユーグレナの消化率93.1%」
こうやって比べるとわかりやすいですね!そしてこの数字の凄さがわかりましたね!

調査④ ユーグレナが持つパラミロン?

パラミロンとはユーグレナ(ミドリムシ)だけが持つ非常に珍しい栄養素のようです。
実はこのパラミロンは医薬品として注目度が非常に高い成分!
もともとユーグレナが光合成によって糖を効率よく貯蓄する為に作られた成分ではないかとされています。

このパラミロンは表面に無数の穴が開いており、不要な物質を吸い取ってくれる特性があるのです。

体内で余計な油分と引っ付いて排出してくれたり、プリン体の吸収制限効果などから生活習慣病予防やダイエット効果などが期待できます。
その為、医療関係者からも注目されている成分なのですね。

と、難しい話をしても話がややこしくなりますので、このパラミロンを摂取する事でどんな予防効果があるのかを見ていきましょう♪

がん・糖尿病・高中性脂肪・高コレステロール・便秘・動脈硬化・肺炎・呼吸器障害・痛風・花粉症・感染症予防・ストレス改善・抗がん剤副作用抑制•アトピー性皮膚炎・ダイエット効果

これだ多くの改善効果や予防効果がたくさんあります!

特にダイエット効果は注目度が高く、たくさんのサプリメントなどにも使用されています!

調査結果

ユーグレナ・ファームの緑汁は

野菜・魚・肉の持つ栄養素をバランス良く補う事の出来る「唯一の青汁」
野菜ではなし得ない消化率93.1%を実現
ミドリムシ+有機栽培大麦若葉と明日葉配合
ミドリムシだけが持つ非常に珍しい栄養素パラミロンを含んでいる

ミドリムシと青汁、一見関わりの多そうな2つですが、ミドリムシが主成分の青汁は珍しく「緑汁」が唯一とも言える商品です。
また青汁で魚・肉から得る事の出来る栄養素を摂取できるのはすぐれた青汁。
効率よく、そしてバランス良く栄養素を摂取する事が出来る非常に優秀な青汁で間違いなさそうです!

サブコンテンツ

このページの先頭へ