レモンの青汁 特徴調査!

特徴調査 トップ画

remonnnoaojiru

  1. 商品名 : レモンの青汁
  2. メーカー: グリーンハウス
  3. 通常価格: 6,610円 (送料無料)
  4. 定期価格: 6,023円 (送料無料)
  5. 内容量 : 60袋(2ヶ月分)
  6. グラム数: 3g×60袋=180g
  7. コスパ : 110.2円(1日あたり)
kutikomiwomiru
kousikipe-jihe

グリーンハウスが発売している「レモンの青汁」
名前からしてもレモンの香りがする、すっきりとした青汁なんだろうな~と想像ができる一品!

果たして実際の所はどうなんでしょう!?
青汁とレモンは合うのか!?

それ以外にもなにかこだわりがあるのでしょうか?
詳しく調査していきましょう♪

調査ポイント

 

調査① 素材や製法にこだわった青汁

レモン1
「レモン」と言うことに目が行きがちですが、この青汁は素材や製法にとてもこだわった青汁なのだなと感じました。

国産原料にこだわり、農薬と化学肥料不使用の素材を厳選!

特別に契約した農家さんに栽培してもらい、原料をしっかりと把握している!
これは健康食品を摂取する上では非常に心強いポイントではないでしょうか!?

健康食品では最も重要になるであろう「安心・安全」
これを感じることの出来る商品は当然好評価になりますよね!

しかし今回私が注目したのは「製法」です!
こだわりのある製法によって「レモンの青汁」が完成しているようです。

スプレードライ製法採用

グリーンハウス(レモンの青汁)が採用している「スプレードライ製法」とはいったい何のことなのでしょうか?

スプレードライとは噴霧乾燥(ふんむかんそう)とも呼ばれており、液体または液体・固体の混合物を気体中に噴霧して急速に乾燥させ、乾燥粉体を製造する手法。
食品や医薬品など熱で傷みやすい材料を乾燥させる好ましい方法の一種である。

引用:Wikipedia

とあるように、特殊な機械を使用して、材料を乾燥させて粉末状にさせる製法のようです。
ではなぜこのような製法を採用しているのか!?

基本的に野菜や食品に含まれる栄養素は熱や加工に弱く、壊れやすい成分が多いのです。
普段私達が摂取している野菜も熱や加工に弱い!

生食意外に関しては、野菜本来の持つ栄養素を全て摂取出来ていないということです。
これは青汁の主成分であるケールなどにもいえること。

ケールには非常に栄養のある酵素やビタミンが豊富に含まれています
しかしこの両成分は特に熱に弱く、壊れやすい栄養素なのです。

通常のシステムで製法してしまうとどうしても熱処理が行われ、栄養分が低下してしまいます。
どれだけいい栄養素を持った素材を使用していても、栄養分が低下してしまっては意味がありません。

そこで、ケールの絞り汁を約39℃の温風で瞬時に乾燥・粉末化するスプレードライ製法を行うことで、極力栄養素が失われることを防ぐことに成功。
栄養素を効率よく摂取できるように考えられているのです。

食物繊維除去

そしてもう一つの特徴は食物繊維除去を行っていると言うこと。

野菜の栄養素は食物繊維の固い細胞壁の中に多く含まれており、その細胞壁が邪魔をして栄養素を全て吸収することが難しいものです。

また、基本的に青汁というものは原料を加熱し乾燥、そして裁断して粉末状にされるケースが多いです。

その為、一般的な青汁では栄養素の吸収率がグンと減ってしまいます
そこで食物繊維を粉々に粉砕し、搾り出すことで細胞壁を破壊。

中に閉じ込められている栄養素を丸ごと吸収出来るように工夫されています!

緻密に計算された製法によって、素晴らしい素材の栄養素を丸ごと摂取できるように考えられたものがこのレモンの青汁なのですね♪

調査② 青汁のイメージを覆すレモン風味

レモン2

この商品の一番のセールスポイントと言えばレモン味!!ですよね。
含まれる成分の内訳はレモン25%・ケール75%となっています!

単純に1/4ものレモン果汁が使用されているのが特徴的!
ケールが主成分の青汁はクセや苦味が強く敬遠されがち。。

しかしケールには非常に優れた栄養素がたっぷり詰まっているので、青汁には捨てがたい素材…
そこで爽やかな香り豊かなレモンを加えることで、今までは飲みにくかったケールの青汁を飲みやすくしてしまった!

これが最大の特徴でしょう!
子供も美味しく飲めるようですが、もう少し詳しく見ていきましょうか!

ビタミンCをたっぷり配合

レモン
                                 ※公式サイト参照

全体の1/4ものレモン果汁やビタミンCが含まれているため、飲みやすさだけでなく栄養素もばっちり!!
私達の体にビタミンCは無くてはならない栄養素の一つです。

しかし現代社会ではビタミンCだけに限らず、栄養が不足しています!
特にビタミンCは老化防止効果や美肌・美白などの美容効果も高く、女性には欠かすことの出来ない栄養素

もちろん風邪予防や免疫力の向上、ガンの予防など幅広い効果を発揮します!
ですが現状はビタミンC不足の人ばかり。。。

一日に必要なビタミンCの摂取量は成人の場合一日100mgとされています。
近年の偏った食生活では到底摂取できない量です。

そこで簡単に摂取できるように考えられたのがレモンの青汁!
なんと、2袋で1日分のビタミンCを補うことが出来ます

レモンの青汁の1日目安量は2袋なので、1日(約1杯)で成人の必要摂取量を補える。
これは簡単で、非常に嬉しい効果ではないでしょうか♪

つまり!!ビタミンC/日の充足率125%です!!

味にこだわるだけでなく、栄養素をまとめて摂取できるように考えられた青汁ですね。

調査③ 大分県国東半島産のケール使用

キャプチャ111
                                ※公式サイト参照 
75%ものケールが使用されている青汁は他にはあまり見たことがありません!
非常に豊富な栄養素を持つケール。
なのになぜこれだけのケールが使用されている青汁はあまりないのか!?

それはクセの強さです…。

どうしても苦味や渋みが強くなってしまうケールは量を減らされてしまうのです。

ですが25%ものレモン果汁を加えたレモンの青汁は、その問題点をクリア!
栄養豊富なケールをたっぷり使用した、栄養満点の青汁に仕上がっています。

それに加え産地にもこだわりを持ち、大分県国東半島産のケールを選択!
大分県国東半島の気候や大地は、ケール原産地の地中海沿岸に非常に似ているものがあるそうです。

温暖な気候や水が綺麗で、肥沃な土地。
これはケールが大きく丈夫に成長するのに最適な環境なのです!

そんな特別な環境で育ち、農家さんの手間暇かけた栽培によって収穫されたケールを贅沢に75%も使用!
農薬不使用に加え、栄養満点なケールを使用しているので、野菜本来の栄養素を丸まる摂取できてしまう

レモン果汁で得ることが出来るビタミンだけではなく、ケールが持つカルシウムやビタミンE、カロテンや葉酸などまとめてたくさんの
栄養素を摂取できますね。

旬な5月に収穫したケールを使用

レモン3

さらに収穫時期にまでこだわりがあるようです。
ケールが最も生命力みなぎる時期が5月。

旬である初夏の5月にのみ収穫されたケールを使用しており、栄養素は満点!
初夏の5月に一斉に朝摘みされたケールのみを使用する徹底振り!

新鮮なうちにスプレードライ製法で加工されたケールは言うことなしの素材!
生命力みなぎるケールは、私達の体を潤わしてくれるはずです!

調査結果

レモンの青汁は

スプレードライ製法で栄養素満点の青汁
レモン果汁がたっぷりで1日の必要摂取量100mg以上のビタミンCが補える
栄養素が壊されること無く、酵素やビタミンが生きている青汁
ケールが主成分の青汁にはないほどのレモン風味で飲みやすい青汁
素材の品質や産地、栽培方法などにまでこだわっている青汁

実際私も飲みましたが、おそらく味には賛否両論があると思います…
が、栄養素・品質・製法と非常にこだわりがあり、優れた青汁だなと感じました。
ケールが75%も含まれた青汁ではありえないほどの飲みやすさだと思います。

レモンの青汁だけにビタミンCも豊富で美肌効果が高く、女性にもオススメですね。
また「レモン」というフレーズがインパクトが強いですが、ケールが非常に多く含まれているので、他の青汁に比べても栄養は満点な青汁で間違いないですね!

あと一つ気になったのは、素晴らしい品質管理や製法、たくさんこだわりがあるのにも関わらず、あまり公式ページやパッケージに記載されていないのはもったいないな!と感じました!
調査終了!

サブコンテンツ

このページの先頭へ