野菜不足がもたらす生活習慣病・健康被害!!「青汁=健康」と世間に広まっている理由とは!?

yasaibusoku

日本人に「アナタの思う健康食品とは!?」っていう質問をすると間違いなく上位に名前があがる「青汁」。多くの人が青汁=健康っていうイメージは持っていると思いますが、具体的にどんな効果があるのか知っている人は少ないと思います。

そもそも、青汁は健康効果というよりも、野菜不足を補ってくれる健康食品です。
言い換えるなら、野菜不足による健康被害に効果が期待できる食品なんです。

だから、青汁の効果の前に野菜不足がもたらす健康被害について知っておきましょう。

「野菜不足=体に悪い」というイメージはほとんどの人が持っていると思いますが、野菜不足がもたらす体の変化について具体的に答えられる人は少ないと思いますよ。

 

野菜不足がもたらす健康被害

野菜は人間の体を正常に保つために必要な成分を含んでいる食べ物です。
そんな野菜が不足が引き金となって起こしてしまう主な健康被害ピックアップして見ました。

野菜不足が便秘を引き起こす

便秘が起こる原因は野菜不足だけでなくストレスなども関係してきますが、かなりの割合で便秘の人は野菜不足の傾向にあるようです。便秘を引き起こしてしまう理由に食物繊維が不足してしまっているという理由があります。食物繊維は野菜にたっぷり含まれている栄養素なので、野菜不足の自覚があって便秘気味だという人は野菜の中でも食物繊維を多く含んだ野菜を心がけて食べるようにしましょう。

野菜不足が免疫力の低下させる

人間の免疫力はビタミン類によって強く保たれて、正常に力を発揮してくれます。しかし、野菜不足によってビタミン類、食物繊維、ポリフェノール、クロロフィル、リコピン、βカロチンが欠乏してしまうと、人間の免疫力は働きが弱くなってしまうんです。野菜には上記の栄養素が摂取しやすく、成分のバランスも良いので不足してしまうと免疫力低下の原因になってしまうんです。風邪をひきやすい人、風邪をひくと長引く人などは免疫力が低下している可能性があるので、野菜不足の自覚があるなら気を使って野菜を食べましょう。

野菜不足が貧血を引き起こしている

貧血の原因は一般的に血液中のヘモグロビンが少なくなってしまって起こります。このヘモグロビンが作られるための原料になるのが鉄分になります。しかし、ヘモグロビンは赤血球の中にある成分の1つで、その赤血球が少なくなってしまうと必然的にヘモグロビンも少なくなってしまい貧血を引き起こしてしまいます。その赤血球を作る原料になっているのがビタミンB12、葉酸です。野菜には鉄分、ビタミンB12、葉酸をバランスよく含んでいるものが多いので、野菜不足で貧血を起こしてしまう人は多くなるんです。

野菜不足が高血圧(動脈硬化)を引き起こす

高血圧は動脈硬化によって引き起こされる生活習慣病です。野菜不足=高血圧(動脈硬化)は有名な話で知っている人も多いと思います。動脈硬化になってしまう主な理由は悪玉コレステロールの過剰な摂取と言われています。そして、悪玉コレステロールの排出を手伝ってくれる栄養素が食物繊維なんです。悪玉コレステロールは血液中に滞在して動脈硬化を促してしまいますが、食物繊維にはそれを排出してくれる作用があるんです。「動脈硬化に緑黄色野菜が良い」と言われるのは緑黄色野菜に食物繊維がたっぷり含まれているからなんですよ。

 

他にも野菜不足が原因で言われている健康被害では大腸がん、糖尿病、高脂血症、虚血性心疾患、内臓系全般の病気などです。子供なら発育の偏り、身長や体重が伸びない、脳・神経の発達に影響するとも言われています。

大人も子供も関係なしに野菜不足は健康や発育に影響を与えているんです。

上記だと健康被害だけですが、野菜不足には肌荒れ、メタボ、口臭、体臭といった美容的な被害にも大きく影響しています。人間にとって野菜不足は体に大きなマイナスがある事を覚えておきましょう。

 

青汁=健康は今も健在している!!

mazuimouippai

上記でも野菜不足の健康被害について語りましたが、
野菜不足は生活習慣病の発症・悪化の入口なんて呼ばれているんです。

それほど野菜と健康は密接な関係であることを世間が認めている証拠ってことです。

野菜不足=不健康という方程もあって、野菜=健康というイメージを多くの人が持っていると思います。

過去に青汁ブーム(マズイ!もう一杯!のCM)があったように、日本では「良薬口に苦し」っていうことわざもあって、健康=野菜=青汁という認識が広まっているようにも思えますね。

ここ最近は健康ブームって言われているほど世間の健康志向が高まっているとも言われています。その火付け役とも言われているのが、手軽で便利なサプリメント(サプリ)なんですが、サプリが注目されるにつれて青汁もまたフューチャーされるようになったんです。

過去の青汁ブームを超えるほどの人気と注目度もあって、青汁市場がここ数年でどんどん大きくなっているようです。(2011年の東日本大震災の際に、野菜不足を補うために青汁の需要が急増したっていう研究データもあります。)

それほど、日本人にとって健康と青汁の関係は根深いようですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ