青汁に使われている野菜(原料)!!普通の野菜とは栄養価が違うのか!?

aojirueiyouso

青汁を野菜ジュースやグリーンスムージーと似たようなモノと思っている人はけっこー多いと思います。管理人も青汁を始める前は、大した違いもわかっていませんでした。でも、青汁と野菜ジュース、グリーンスムージーとでは使われている原料(野菜)がかなり違うんです。

原料が違うが故に「味」「栄養価」も大きく違うんです。

青汁と言っても今では色々な商品が販売されていて、
一概に青汁の原料はコレと言いにくのですが、青汁に頻繁に用いられている定番原料もあります。

青汁の定番と言える原料(野菜)【BEST4】

青汁の定番ともいえる原料は4種類です。
ケール、大麦若葉、明日葉、桑の葉が青汁の定番原料になります。

管理人の調べではこの4種類のどれかが含まれていない青汁はありません。どの青汁商品でもこの4種類の原料のうち1つ~2つは含まれています。商品によって含量に違いがあると思いますが、青汁と言えば「ケール、大麦若葉、明日葉、桑の葉」なんです。

ケール

kaleあまり聞いたことのない野菜ですが、キャベツの先祖と言われている野菜です。もともと江戸時代くらいに南欧から持ち込まれたアブラナ科の植物で、これを品種改良してキャベツ、ブロッコリー、カリフラワーが作られてんです。スーパーやデパートでも見かけることが少ない野菜ですが、他の野菜に比べて栄養価のバランスや栄養の量がかなり高くて、青汁で最も定番な原料(野菜)と言ってもいいでしょう。しかし、「青汁=まずい」というレッテルもケールが原因なんです。かなり癖の強い野菜で、栄養価が高い代わりに味がかなりキツイんです。

明日葉

asitaba明日葉は別名で「八丈草」とも呼ばれています。セリ科の植物で、日本の八丈島に自生しています。明日葉っていう名前も葉をつんでも明日には生えてくるっていう生命力が由来らしいです。(実際はそんなに早く生えてこないらしいですが…)明日葉はケールと同じくらい栄養価が高い野菜で、栄養バランスも高く多くの青汁に使われています。ケールと明日葉は4種類の定番原料の中でもツートップ的な存在で、青汁の栄養価の象徴ともいえる野菜なんです。ケールも明日葉も栄養価は抜群に高いのですが、癖が強くて、ケール・明日葉の2つとも使われている青汁を見かけたことがありません。

大麦若葉

oomugiwakaba読んで字のごとく大麦の若葉の状態の野菜になります。もともと、大麦はトルコやイランが原産になっているイネ科の植物で、ビール(ホップ)などに使われています。栄養価に関して言えば、ケールや明日葉ほど万能でありませんが、比較的に味が良いってことで多くの青汁に使われています。最近では、ケールや明日葉を使っている青汁に大麦若葉もブレンド飲みやすくしている商品もあります。ケールや明日葉と栄養価を比較すると目おとりしますが、スーパーなどで売られてある野菜と比べると大麦若葉もトップクラス言える栄養価の高さです。

桑葉

kuwaba日本人に馴染みのある植物で、古来は蚕(かいこ)の餌として重宝されていました。また、中国では漢方薬としても用いられていることもあり、栄養補給や滋養強壮といった効果で飲まれていたみたいです。栄養価のバランスの良さから青汁に頻繁に使われるようになりましたが、桑葉を主原料とした青汁はそれほど多くありません。大麦若葉と同様に、飲みやすさと栄養バランスという要素から青汁に使われるようになっています。青汁の主原料では少ないですが、多くの商品で桑葉を使用されている野菜で、表にはあまり出ず、縁の下で青汁を支えているという感じです。

 

青汁の原料ベスト4の栄養素を比較してみよう!

ケール、大麦若葉、明日葉、桑の葉の栄養素(成分)がどれほど豊富なのか比べるために成分比較表を作ってみました。

どんな栄養素(成分)がどれだけ含まれているのか、ほとんどの人は知ったところでよくわからないと思うので、キャベツと比べてどれほど違いがあるのか確認してみてください。

スーパーで売られている野菜だと大量に食べないと摂取できない栄養素が「青汁だと1杯で十分」と言われている理由がよくわかると思いますよ!!

mazuimouippai ケール 大麦若葉 明日葉 桑葉 キャベツ
kale oomugiwakaba asitaba kuwaba kyabetu
エネルギー(kcal) 28 38.8 33 284 23
水分(g) 90.2 90 88.6 3.8 92.7
たんぱく質(g) 2.1 3.26 3.3 18.1 1.3
脂質(g) 0.4 0.71 0.1 6.2 0.2
炭水化物(g) 5.6 0.73 6.7 10.3 5.2
食物繊維(g) 3.7 4.11 5.6 52 1.8
ビタミンA効力 3300IU 1160IU 2100IU 4230IU 10IU
カロチン(μg) 2900 2,538 5300 7440 50
ビタミンD(μg) 0 - 0 - 0
ビタミンE(mg) 2.4 1.19 2.8 1.4 0.1
ビタミンK(μg) 210 370 500 - 78
ビタミンB1(mg) 0.06 0.064 0.1 0.6 0.04
ビタミンB2(mg) 0.15 0.147 0.24 1.4 0.03
ビタミンB6(mg) 0.16 0.055 0.16 0.16 0.11
ビタミンB12(μg) 0 0.07 0 - 0
ケール 大麦若葉 明日葉 桑葉 キャベツ
葉酸(μg) 120 40 100 480 78
ナイアシン(mg) 0.9 0.4 1.4 - 0.2
パントテン酸(mg) 0.31 0.192 0.92 - 0.22
ビタミンC(mg) 81 7 41 32 41
ナトリウム(mg) 9 31 60 31.1 5
カリウム(mg) 420 320 540 3101 200
カルシウム(mg) 220 29 65 2699 43
マグネシウム(mg) 44 16 26 390 14
リン(mg) 45 37 65 238 27
鉄(mg) 0.8 4.16 1 44 0.3
亜鉛(mg) 0.3 0.34 0.6 2.03 0.2
銅(mg) 0.05 0.102 0.16 0.57 0.02
マンガン(mg) 0.55 0.4 1.05 2.75 0.15

パッと比較してみただけでも、キャベツと青汁に使われている原料では含まれている栄養素(成分)が違うことが明らかです。

特に、ケールと明日葉は大きく数値を突き放しているのがわかると思います。

青汁商品の主原料がケールと明日葉の2つに大きく別れているのは、含まれている栄養素の問題があるように思えますね。栄養豊富と比例して味にも癖がある(飲みにくくなる)ので、ケールと明日葉の両方を原料に使った青汁が商品化されていなんだと思います。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ