【ケール】今も昔も「青汁」と言えばケールだ!!

keearuu

「ケール」…日本人には馴染みのない野菜・名前で、スーパーなどでもあまり見たことがない野菜ですが、ケールはアブラナ科の植物でキャベツの原種と言われている野菜です。もともとヨーロッパの地中海付近でなどで食べられていた野菜で、それが江戸時代の頃に日本に伝わってきたんです。

ケールの品種改良によってキャベツが作られたわけですが、原種であるケールは栄養こそは抜群ですが、味に独特の癖があってキャベツのように「美味しく食べる」という野菜とは少し違います。(他にもブロッコリー、カリフラワーもケールが原種になっています。)

ヨーロッパの方ではケールを使った料理・レシピなどもありますが、
日本ではケールの味自体に馴染みがないので、素人が調理しておいしく食べるというのは難しいでしょう。

ケールの栄養価はとんでもないっ!?

日本では野菜というよりは、青汁の原料を目的として栽培されています。

日本人に馴染みもなく、お世辞でも旨いと言えない野菜に需要などあるのか?と思いますが、ケールにはスーパーなどに売られている野菜をはるかに凌駕する栄養素が含まれているんです。

青汁の原料としても有名なので栄養という面では有能そうですよね。

ケールとキャベツの栄養価比較表
kyabekearu ケール キャベツ
kale kyabetu
エネルギー(kcal) 28 23
水分(g) 90.2 92.7
たんぱく質(g) 2.1 1.3
脂質(g) 0.4 0.2
炭水化物(g) 5.6 5.2
食物繊維(g) 3.7 1.8
ビタミンA効力 3300IU 10IU
カロチン(μg) 2900 50
ビタミンD(μg) 0 0
ビタミンE(mg) 2.4 0.1
ビタミンK(μg) 210 78
ビタミンB1(mg) 0.06 0.04
ビタミンB2(mg) 0.15 0.03
ビタミンB6(mg) 0.16 0.11
ビタミンB12(μg) 0 0
ケール キャベツ
葉酸(μg) 120 78
ナイアシン(mg) 0.9 0.2
パントテン酸(mg) 0.31 0.22
ビタミンC(mg) 81 41
ナトリウム(mg) 9 5
カリウム(mg) 420 200
カルシウム(mg) 220 43
マグネシウム(mg) 44 14
リン(mg) 45 27
鉄(mg) 0.8 0.3
亜鉛(mg) 0.3 0.2
銅(mg) 0.05 0.02
マンガン(mg) 0.55 0.15

比較表を見ればわかると思いますが、ケールとキャベツでは栄養価に関して大きな差があります。

上記の栄養価は100gに含まれている成分量です。
200gを食べれば2倍差が広がり、300g食べれば3倍も差が広がっていきます。

もちろん、これは栄養価という分野にスポットして比較しているだけなので、一概にキャベツよりケールの方が優れているっていうわけではありませんよ。

ケールが青汁(健康管理食品)に用いられるのは含まれている栄養素が
我々が普段食べている野菜とは大きな差があるからなんです。

青汁の元祖と言えばケールなのだ!!

kyu-saigannso

青汁の原料と言えばケールです。最近でこそ明日葉、大麦若葉、桑葉、いぐさ、ゴーヤなどといった青汁も販売されていますが、青汁のはケールを原料として始まったんです。

青汁の第一人者である遠藤仁郎博士はケールの豊富な栄養価に注目して、「食卓に並ぶ野菜の栄養素では食べる量に限度があり、健康維持のため栄養バランスは難しい」という事を言って青汁を開発したみたいです。

「まずい!もう一杯!」というCMでもお馴染みになったキューサイの青汁もケールを主原料として作られている商品です。

確かにケールを使った青汁は栄養価的に素晴らしいものがありますが、「まずい!」という欠点もあります。青汁を飲んでいる人は「良薬は口に苦し」と言い聞かせて飲んでいるようですが、「まずくない!」に越したことはないと思います。

上記で言った通り、今ではケールだけでなく色々な原料を使って青汁が作られています。
「まずい青汁」から「飲みやすい青汁」に変わりつつあるのが事実です。

しかし、原料の栄養価で考えると今も昔もケールに勝るものはないようです。
(だから、色々な野菜を使って青汁を作っているんです。)

ケールを主原料とした青汁商品

贅沢青汁

suterazeitakuaojiru

販売価格:3,888円

原料  :ケール、クロレラ

内容量 :30袋(約1ヶ月)

レモンの青汁

remonnnoaojiru

販売価格:3,240円

原料  :ケール

内容量 :31袋(約1ヶ月)

おいしい青汁

oisiiaojiru

販売価格:4,100円

原料  :ケール、大麦若葉

内容量 :30袋(約1ヶ月)

サブコンテンツ

このページの先頭へ